シェアハウス運営企画


シェアハウスの特徴といえば寝室以外の、キッチン、シャワー(浴室)、トイレなどの水周りの他、ラウンジやダイニングなどを入居者同士の共有スペースとし、「共有」・「交流」を目的とした居住スタイルです。また、シェアハウスは賃料以外の「敷金・礼金・仲介手数料」が必要ない物件が多く、初期費用が掛からないばかりか、入居する際にはあらかじめ、テレビやエアコン、照明器具、ベット・寝具、無線LANまで生活に必要なものがそろっていることが多いため、カバン一つで入居・引っ越しが可能という手軽さから首都圏を中心に益々人気となっています。


シェアハウスのメリット

シェアハウスに入居される主な方々は単身独身者です。
年齢的には20代~80代と幅広く、主に25歳~40歳の方々が居住しています。

一人だけの一人暮らしでは出会えない友人に巡り合えます。
出不精ゆえに他との交流を避けていたとしても、入居者などが主催する今まで経験することが無かったイベントを経験することで新たな発見を得ることもあります。
年齢の垣根が無いので、若者とベテラン様との交流で学びや体験が増えるのです。
また、共有部分には様々なアクティビティが揃っているシェアハウスもあり、楽しみや健康躍進も期待できます。
さらに、食事はみんなで作ることもあるので、食事が偏る事はなく、食事の楽しみも増えます。

一戸建てなどを友人とシェアする場合、誰かが退去することで別の個人に負担がかかりますが、弊社の場合では固定金額以上の支払いはありません。

人生を健康に楽しく過ごすためには、「会話、食事、運動」です。
シェアハウスにはそうした要素がすべて揃っているのです。

病気やケガの場合

病院施設、クリニック、歯科医、内科医などと提携します。各物件のエリアに近い諸施設との提携を持ち、いつでも緊急対応できる体制を整えます。訪問看護による定期的な診察も可能です。要介護になった場合でも、全国の施設を紹介できるチームを持っていますので安心です。

シェアハウス経営のメリット

■ 高い稼働率で、安定した収入獲得が可能です。

物件のオーナー様にとってもメリットが多いのがシェアハウスです。
近年、賃貸アパート等の空室が目立ちはじめたこともあり、不動産業界におけるリノベーション市況の活性化の後押、築古戸建て利用価値を終えた社員寮などをシェアハウスとして再利用するケースが多く、特に特徴のある内装デザインや家具・インテリアを共有スペースに設けている物件が人気を集めています。

シェアハウスは運営事業者が介在するケースが多く、入居者の募集から運営、物件管理までを運営事業者が行い借主へ賃貸する居住形態です。
シェアハウス内の管理や共有スペースの清掃、また入居者さんに困ったことがあったときのフォローなどは運営会社が責任をもって対応していますので、安心してお住まい頂けます。
 ただし、集まって住むことには、デメリットも付き物。こうした居住スタイルは、戦後あまり一般化しなかったのも事実です。
 「ルールやモラルを守らない入居者」「築年数が古くてメンテナンスが行き届いていない安かろう悪かろう物件」「国籍・文化の違いから生じるディスコミュニケーション」など課題がいくつもありました。

 たとえ新築物件でも、どんなに綺麗にリフォームしても、その瞬間から経年劣化により不動産そのものの価値は下がる宿命にあります。
シェアハウスは、「人と人のつながり」に大きく左右される形態です。
当社が提示する答えは「コミュニティ形成」。物件という「ハード」と、コミュニティという「ソフト」。この両輪を上手く回してこそ、円滑なシェアハウス運営が実現できるのです。

>運営の委託や相談、不動産所有者はこちらから!



↑ページトップへ戻る